最新情報詳細

◆鳥取県宗務所梅花講様で梅花全国大会に参加しました。(米子営業所)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥取県宗務所梅花講様で曹洞宗梅花流全国奉詠大会(宮城県)に参加いたしました。

今年は東日本大震災から三回忌を迎える為、5/29・30の両日、宮城県の
「グランディ21」を会場にたくさんの梅花講の皆さんが全国から集まり、
登壇奉詠はもとより慰霊法要も執り行われました。

鳥取県宗務所様では管内全寺院様にご案内され、多くの方へ慰霊奉詠参加
を呼びかけていただきました。

 

大会前日、東京から乗り込んだバスで向かったのは仙台市若林区荒浜の
深沼海水浴場。ここは震災後、いち早く慰霊法要が行われた場所です。
副所長様の同安居の若林区三本塚 昌林寺の松山老師様の生のお話を車内で
お聞きし、段々と強くなる風の中、荒浜の慰霊碑へ到着。
三回忌を迎え新しく建立された観音様の前で皆さん手を合わせ、一心不乱に
お唱えしていただきました。
テレビで見た仙台空港へ押し寄せて来る海を忘れる事ができません。
今回慰霊碑の砂浜から海に向かって手を合わせれた事は、皆さんにとっても
感慨深い出来事の一つとなったと思います。

<震災で亡くなられた方や行方不明の皆様のご冥福をお祈りいたします>

 

その日のお部屋まわりの時、参加の皆さんから「来て良かった」とお話して
いただき、うれしく感じました。梅花主事様に「今回の事を何か発信できない
だろうか」とお話したところ、皆さんのお気持ちを「梅花新聞」として

読んでもらおうという事になり、宗務所で現在制作中です。
いろんな方々のご協力のおかげで慰霊奉詠ができた事、感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 

来年はいよいよ山陰で初めての梅花全国大会が島根県の「カミアリーナ」
で開催されます。 [5/28・29 <2日間>]
遠くて参加を躊躇されていた方にも、気軽にご参加いただけるような企画を
梅花主事様と考えています。
全国には梅花講の仲間がたくさんいる事を実感していただければ幸いです。
ぜひお誘いあわせご参加ください。

 

文・写真  米子営業所  吉村 和朗