最新情報詳細

【曹洞宗鳥取県宗務所様主催】大本山總持寺本山研修会(米子営業所)

平成25年7月1日から7月3日にかけ
曹洞宗鳥取県宗務所檀信徒本山研修会に第1班の
添乗員としてご一緒させていただきました。
第1班には130名をこえる壇信徒の方や御住職様方が参加されました。

 

IMG_0636今回の研修会の会場は大本山總持寺。
初めて總持寺にやってきたのですが
横浜、鶴見という都会の中にあるせいか曹洞宗のもう一つの
本山である大本山永平寺との雰囲気の違いを非常に感じました。
研修会の会場である總持寺内に建てられた三松閣の中も非常に立派な造りに
なっており、「ここはどこかの一流ホテルではないか!?」
と錯覚させられそうになる程でした。
                      参加者の方々は普段では行う機会の少ない坐禅、午後9時での就寝そして
                      朝4時前に起床、食事の際の作法など研修会の内容に戸惑いながらも
                      参加者同士交流を深めておられました。
                      大本山永平寺の開祖道元禅師様、大本山總持寺の開祖、瑩山禅師様の教えを
                      現代に体現した研修会は仏門修行の厳しさを感じつつも終始和やかな
                      雰囲気の中終わりました。

 
 

IMG_0622この旅では平成25年6月26日に世界遺産に登録されたばかりの
富士山にも行ってきました。普段いつも目にしている
中国地方を代表する山、大山を見慣れているため富士山は
「大きい。とにかく大きい。」の一言につきました。
立ち寄った富士山五合目の天気は気温7.5℃、強風と濃霧と雨という
悪天候にも関わらず、世界遺産に登録されたとあって多くの観光客が
訪れていました。その中には外国人の方も多く見られ、やはり富士山は
                      日本を象徴する山だということを改めて思いました。

 

今回、私自身初めての宗務所様主催の本山研修会に
御一緒させて頂いたということで至らぬ点もあったと思いますが、
参加された方とまたお会いできる日を楽しみにしております。

米子営業所 森下陽介